採用情報

活躍中の先輩社員

高橋正利

理想の配車を目指すというのが、
配車担当のやりがいですね。

1995年入社
配車担当
高橋正利
(昭和43年生まれ)

配車担当の業務内容は?

配車担当は司令塔として、各ドライバーへ運行指示を出します。
荷主さまからお預かりした荷物をドライバーへ割り振り、また帰りのルートに合わせた荷物の手配も同時に行います。出発前には点呼に立ち会い、休息に合わせた中間点呼の連絡も取り合います。
当社では平ボディ車、ウイング車、4t車関係と別れて、3名の配車担当がいます。
その中で私はウイング車を担当しており、1日に約20台の配車を行っています。

配車業務のやりがい

その日によって、出てくる荷物の数には差があるので、全ての車両に荷物を積めるよう手配が必要です。また帰りの運行に関しては、ルート上少しでも効率の良い場所で荷物が積めるよう心がけています。
『効率よく、スムーズに』が、配車担当が目指すところです。
ところが、予定通りにはなかなかいきません。ドライバーの体調不良や事故、天候による路面状況等々・・・。日々起こるトラブルにより、予定通りに配車が進むことは滅多にありません。『今日は理想の配車ができたな』なんて日は、年に数える程しかありません。
でもそういったトラブルへ適切に対応し、理想の配車を目指すというのが、配車担当のやりがいですね。

入社して良かったことは?

ドライバー時代の話になりますが、長距離ドライバーはやはり自宅になかなか帰れないのが現状なんですね。以前、県外に本社がある運送会社に勤めていた時は、本社に泊まりがあったり、更に自宅に帰れない期間が長くなりがちでした。
SS商運に入ってからは地元企業の分、長距離ドライバーの割には自宅に帰れるようになりました。あくまで“割に“ですが(笑)。なので“地元の企業である”ということが、入社して良かった点でしょうか。

どんな雰囲気の職場ですか?

配車担当から見て、個性的なドライバーさんが多いです(笑)。
でも、ドライバー同士のまとまりは良いと思いますよ。

仕事に欠かせない物は?

・荷主さま、協力会社さまとの信頼関係
・GoogleMapのストリートビュー

これからの目標を教えてください

日々、理想の配車を追求していきます。

こんな人と一緒に働きたい!

体が資本の仕事です。体力に自信のある方は是非!

募集要項を見る

SS商運の強み

様々な積荷に対応

私達が日常的に使用する一般雑貨や、インフラ整備に伴う鉄骨、橋梁等の重量物や建設資材といった様々な積荷に対応する車両を揃え、お客様のニーズに合わせた輸送をしております。

安全・安心な輸送

コンプライアンス意識の浸透とドライバーが安全・安心して輸送できるようサポート体制を整え、長距離輸送車にはデジタコ・ドライブレコーダーを導入しております。

輸送の「プロ」を育てる

”荷物を運ぶだけ”の運送会社ではなく「荷主様の商いを運ぶプロ」として満足していただけるよう、各種免許取得制度・研修により新人だけでなく社員一同日々向上に努めております。